残額設定ローン

ファミリーカー2

 

私が車を初めて買ったのは20歳の時。

 

新車を3年で組みました。

 

全額ローンを組むのではなく残額を設定して3年後にその金額で車を売る(車屋さんへ車を返す)か、まだ乗り続けたい場合は残額を一括で支払うか、残額のローンを組んでまた返済していくというシステムでした。

 

残額を設定することによって全額支払わなくて良いので月々の返済金額が抑えることができます。

 

新車を乗り換えていきたい人におすすめなローンだと思います。

 

全額払わなくても良くて5年後に車を返せばまた新しい車のローンを組むことができるので、また新車のローンを残額設定で組んで、、、の繰り返しが出来ます。

 

ただ私は軽自動車でなく普通車を買った上にグレードを一番上にしてしまったので、毎月の返済が多くて後で後悔しました。

 

ローンは何年も組むものですし、先々の事を良く考えて組まないといけないなと思いました。結局5年後に私は残額を一括で支払って終了しましたが、中々大変でした。

 

やっぱり頭金をしっかりと貯蓄してから、返済額を少なくしてから車の購入を検討するべきです。

返済比率を気にしょう!

年収に対するローン返済額の比率を返済比率といいます。

 

返済比率は25%〜35%程度だと問題ないと言われています。

 

自分の年収とローン返済額を計算してみたら、38%でした。

 

ちょっとオーバーしてしまっているので、節約してローン返済が滞ることのないようにしたいと思います。